東京ウェブ人

タイヤ交換はどこでする?安くタイヤ交換をする方法

カテゴリー:ブログ 投稿日時:11月02日
交換時期を迎えたタイヤ

走行距離が短くても、駐車しているだけで劣化してしまうタイヤ
その交換目安は、屋外に駐車していて直射日光を受けるような環境だと3年程度、日陰であっても5年が交換目安となります。
タイヤは車にとって重要なパーツであり、交換費用の高い商品です。
こちらでは、そんな費用のかかるタイヤ交換をなるべく品質の良いタイヤで、かつ安くタイヤ交換する方法をご紹介したいと思います。

タイヤ劣化とタイヤ交換の時期

タイヤの劣化は、車の走行と紫外線が主な要因となりますが、駐車中に受けるアスファルトからの熱や、タイヤの洗いすぎなども劣化の要因となり、車を使用していなくても劣化してしまいます。
あとは運転の仕方でも劣化具合は変わり、急アクセル・急ブレーキ・急ハンドルはもちろん、切り返しなどの際車を止めながらハンドルを回すことも、タイヤのゴムを劣化させる原因となります。
切り返しの際は、なるべく車を動かしながらハンドルを切ると良いでしょう。

普段あまり車に乗らないサンデードライバーや、少しでもタイヤの劣化を防ぎたい方は、普段からタイヤカバーをしておくことをおすすめします。
4輪すべてに装着しなくても、太陽の日差しを受ける面だけタイヤカバーをしておくだけでも、かなりタイヤの劣化を抑えることができます。

タイヤカバー 厚いアルミニウムの防水素材タイヤを付けたまま装着できるタイヤカバー。

タイヤ交換の時期は、冒頭でもご紹介したように3年~5年が交換目安となります。
タイヤの状態で言うと「タイヤにヒビが入っている」「ゴムの欠けが見られる」などの症状が見られたら交換時期です。
こちらは4年が経過した、劣化したタイヤ。
交換時期を迎えたタイヤ
今すぐという訳ではないですが、このまま交換しないでいると近い将来バースト(パンク)する可能性があります。
車検前などに合わせて、交換が必要な状態と言えます。

ちなみに、タイヤの溝がなくなっている(溝が浅い)というのは論外です。
車検にも通らない違法状態ですので、すぐにタイヤ交換を行いましょう。

タイヤ交換の店舗別比較

タイヤの交換時期についてご紹介したところで、ここからはタイヤ交換にかかる費用を、店舗ごとに比較してみたいと思います。
まずタイヤ交換に必要な費用は、新品タイヤの取得費用、そして交換工賃、さらにバルブ交換や調整といった費用と、古タイヤの処理費用が必要となります。
これらを踏まえた上で、各店舗のタイヤ交換工賃をご紹介します。

(交換費用は、ミニバンタイプ205/60R16 タイヤで比較)

最初に紹介するお店は、車と同じメーカーのディーラーでタイヤ交換した場合の費用。
部品はすべて純正での交換となり、タイヤの品質もAランクを仕入れるので、品質の良い商品と責任ある仕事をしてくれます。

※価格はタイヤ4本あたり

タイヤ価格 市場よりやや高め
タイヤ品質 A級品 都度発注
交換工賃一式 5,400円
廃棄代 4,000円
持ち込みタイヤ 10,800円
特徴 車を購入した店舗なら、10%ほどの値引き交渉が可能。

こちらは実際の見積金額。
ディーラーのタイヤ交換費用
ディーラーなので、タイヤを大量購入していない分、タイヤ本体の価格は高くなる傾向にあります。
それでも交換工賃自体は安めと言えるでしょう。

次に、ブリジストン製のタイヤを扱うタイヤ館
どの町でも見かけるお店ではないでしょうか?

※価格はタイヤ4本あたり

タイヤ価格 市場よりやや高め
タイヤ品質 A級品 在庫状況による
交換工賃一式 5,000円
廃棄代 4,000円
持ち込みタイヤ 16,000円
特徴 競合他社の見積もりがあれば値引き交渉ができる。

タイヤ館でブリジストンタイヤを買えば、商品に間違いはありません。
ただタイヤの持ち込み交換は高めで、製造から1年以内のものしか交換には応じてくれません。

次は車の整備・パーツ販売で有名なオートバックス
こちらも全国展開しているので、お住まいの近くに必ずあると思います。
オートバックスのタイヤ価格

※価格はタイヤ4本あたり

タイヤ価格 市場よりやや安め
タイヤ品質 A級品~B級品
交換工賃一式 12,000円
廃棄代 1,000円
持ち込みタイヤ 16,000円
特徴 タイヤの種類が豊富。
海外製からPB、高級タイヤまで選ぶことができる。

タイヤ本体は正規店に比べやや安い程度ですが、キャンペーンキャッシュバックなどを利用することで比較的安く買うことができ、かつ他店よりタイヤ処分費用が安いです。
ただ大量仕入れをする量販店なので、在庫品だと製造日の古いタイヤになることもあります。
またB級品と言って、完全な丸ではないアウトレットのようなタイヤを販売していることも。
持ち込みの場合は、製造から2年以内のものに限るようです。

最後にインターネットによるタイヤ購入を比較してみましょう。

タイヤ価格 市場よりかなり安め
タイヤ品質 A級品~C級品
交換工賃一式
廃棄代
持ち込みタイヤ
特徴 とにかく安い。

インターネットによるタイヤ購入は、とにかく市場より価格が安いことが特徴
ただタイヤ交換を自分でできなければ、上記のようなお店にタイヤを持ち込み、取り付けを行ってもらう必要があります。
つまり安くタイヤを買っても「タイヤ購入費+送料+持ち込み工賃+処理費用」がかかることになります。
これらの費用を計算して、差額がどれくらいでるかがポイントと言えるでしょう。

タイヤ交換を安く済ませる方法

ここまで様々な店舗のタイヤ交換費用をご紹介してきましたが、結局どこでタイヤ交換をするのが安いのでしょうか?
その答えは、選ぶタイヤによって変わります。

まず「とにかく安くタイヤ交換したい!」という方は、オートバックス一択。
取り扱うタイヤの種類も多いですし、タイヤ処理費用も安いです。
特に年末年始や夏のセールやキャンペーンを狙ってタイヤ交換するとさらに安くなるので、オートバックスがオススメです。

一方、「品質の良い国産タイヤ」を選ばれる方は、ネットでの購入+ディーラーによる取り付けが最安となります。
例えば、ブリジストンのレグノGRV2を購入する場合、店頭では24,000円程度で販売されています。
4本で96,000円。
しかしネット通販では、なんと1本15,000円程度で販売されています。
Amazon、楽天とYahoo!で価格を確認してみましょう。

例えば1本当たり15000円でタイヤを買った場合、4本で60,000円、店頭販売とは3万円も価格差が生まれるます。
この価格に持ち込み工賃を追加しても75,000円程度。
タイヤ館でタイヤ交換をするより、大幅に安くなります。

しかし、安いタイヤを買う際に心配になるのが、タイヤの品質製造日の問題ですよね。
安いからといって、古いタイヤを掴まされたくはありません。

ネットでタイヤを買う場合は、しっかり店舗や店名を確認して買うことがポイントです。
「〇〇トレード」や「タイヤ買取の〇〇」、「タイヤ激安販売」などは要注意。
低価格で流通しているB級品を取り扱っている可能性が高いです。

購入の際には、なるべく名前の聞いたことのあるお店や、中古商品を取り扱っていないお店、もしくは実店舗のあるネットショップで購入するのがオススメ。
上記でご紹介したレグノの商品例では、ヤフーストアがオススメです。

ここまでご紹介してまいりましたタイヤ交換を安く済ませる方法はいかがでしたでしょうか?
参考になりましたか?
この記事を参考に、目的や用途に合わせてお得にタイヤ交換をしていただければと思います!

follow me
他にも様々なお役立ち記事をご紹介します!

関連キーワード: