東京ウェブ人

ポスターを安く定型外郵便で送る方法

カテゴリー:ブログ 投稿日時:03月02日
ポスターを安く送る方法

オークションやフリマアプリでポスター細長いものを売りたいと考えた時、ネックになるのは配送方法と送料ですよね。
ポスターそのものは紙ですから非常に軽いものの、折ったりする事ができないので大きさがかさばってしまい送料が高くなりがちです。
そんなポスターをどうやったら安く送る事ができるか、また定型外郵便でも配送できるのかをご紹介したいと思います。

定型外郵便で送る際の条件

郵便局で取り扱っている定型外郵便は、一定以内の大きさに対して重量制で価格がきまる配送方法です。
その定型外郵便でも「規格内」と「規格外」という2種類のサイズがあり、規格内は長辺34cm、短辺25cm、厚さ3cm以内という大きさ。
分かりやすく言うとA4より少し大きいくらいの大きさとなり、厚さ3cmを越えないものが規格内となります。

一方、規格外は
長辺が60cm以内、そして3辺の長さの合計が90cm以内という大きさとなります。
つまり形がいびつであっても問題が無く、60cm×15cm×15cmというような細長い箱でも規格外郵便として取り扱ってくれます。

よってポスターのように長くて軽いものは、この定型外郵便の規格外で発送すると、ゆうパックや宅急便を使わなくても安く発送する事ができます。

ポスターの梱包の仕方

定型外郵便の場合、梱包における条件と言うのはほとんどなく、封筒やビニール・ダンボールなど、どんな包装でも発送する事ができます。
しかしポスターのように潰れたり折れたりしてはいけないものを送る際は、袋に入れたり緩衝材を巻きつけただけでは不十分で、やはり箱型のダンボールを利用する必要があります。

上記でもご説明したように形はいびつでも問題ありませんから、自分でAmazonなどのダンボールを改造して60cm×15cm×15cmという箱を作り上げても大丈夫です。
ただし、細長い箱と言うのは(ましてや自分で変形させたダンボールというのは)、他の積み荷に押しつぶされて潰れてしまうリスクが高くポスターには向かないのが実情です。

そこで使用をおすすめするのが、郵便局で販売されている包装用品の『箱三角』という商品です。
ゆうパックの箱三角
この箱三角は、まるでポスター専用のように作られた梱包資材で、丸めてポスターや絵画などを入れる事はもちろん、細長いものの発送にとても便利な段ボールです。
しかも形が三角形であるため、衝撃に強く、他の積み荷を上積みされる心配も少ないのです。

そして価格も130円と良心的。

多くの場合、各地域の本局で取り扱いをしていると思います。(コンビニや小さい郵便局にはありません)

しかし、万能とも言える箱三角にも1つデメリットがありました。
この箱三角、長辺が64.5cmあり、ゆうパック100サイズ用にできている商品だったのです。
箱三角は長辺が64.5cm
つまりこのままでは、冒頭に触れた長辺60cmというサイズを超えているので、定型外郵便の規格外として箱三角を使う事ができません。

箱三角の改造方法

ということで、規格が合わないなら規格に合うように改造することにしましょう。
やる事は1つです。
長辺を短くすれば良いのです。

それでは改造してみましょう。
箱三角の真ん中あたりに5cm間隔の線を2本引きます。
2本線を引く
この線に沿って、カッターを使い2つに切り落とします。
カッターで切る
端っこを切り落とさないのは、口(封)ができる構造部分を落とさないためです。

切り落とした両端をガムテープで繋ぎ合せます。
ガムテープで繋げる
これで5cm切りつめた状態になりました。

本当に60cm以内に収まっているか、メジャーを使って確認します。
長辺が60cm以内になった
59.5cmですので、長辺が60cm以内になりました。

あとは本来の使用方法と同じく、番号に沿って口を閉じていくだけ。
ポスターを安く送る方法
上記の写真のようにポスターだけではスカスカな場合は、新聞紙や緩衝材を入れて固定しておくとより良いでしょう。

そして箱三角の完成形がこちらです。
箱三角の完成
長辺が59.5cm、高さ10cm、奥行き12cmで、合計81.5cm。
これで規格外郵便の長辺60cm以内、3辺合計90cm以内という条件をクリアすることができました!

ポスターの発送と送料

最後に、箱へ直接宛名を書いて郵便局へ持っていきましょう!(忘れずに自分の住所も)
箱三角に宛名を書く
窓口で「定型外で」と言えば問題ありません。
局員が不思議そうな顔をしていたら「長辺は59cmになっています。」と、こちらから答えてあげましょう。
そうすると郵便局側も「わかっている人なんだな」と思ってくれますので、話がスムーズに進みます。

送料についてですが、重量は箱とガムテープでだいたい200g程度になると思いますので、ポスター1~2枚なら総重量は250g以内となり350円で発送できるはずです。
箱三角の購入費用も合わせると、全部で480円で送れるということになります。
ゆうパックの100サイズを使うより、大幅に配送コストを下げることができました!

この発送方法を駆使すれば、メルカリやフリマアプリでポスターや細長くて軽いものを出品する際の不安は払拭できるかと思います。
ぜひお試しください!

follow me
他にも様々なお役立ち記事をご紹介します!

関連キーワード: