東京ウェブ人

桃のお取り寄せなら「わたなべ果樹園」さんの桃がオススメ!

カテゴリー:お勧めの買った物を紹介 投稿日時:08月20日
桃のおすすめお取り寄せ

以前さくらんぼのお取り寄せの記事でご紹介したわたなべ果樹園さん。
実はさくらんぼ以上にオススメなのが、今回ご紹介する
正直ここの桃を食べたら、スーパーの桃なんて食べられなくなるくらい美味しい桃を作っていらっしゃいます。
桃のお取り寄せを考えているなら、断然わたなべ果樹園さんがオススメですよ!

わたなべ果樹園の桃

わたなべ果樹園さんは果物専門の果樹園で、そのメインはさくらんぼと桃。
今回ご紹介する桃については栽培されている品種の数がすごくて、なんと50品種以上の桃を育てているとのこと。
凄い数ですよね。
ですからスーパーでは見ることのない珍しい品種から、黄金桃と言われるマンゴーのような黄色い桃まで、沢山の品種から選んで購入することができちゃいます。

ただこれだけの品種があると、正直どの品種を買っていいのか分からなくなってしまうことも…。
そんな私のような素人に嬉しいのが「2品種以上の食べ比べセット」という商品。

私も最初はこの商品を購入しました。

この商品はその時々に美味しくなっている桃の品種を2品種以上入れてくれるというもので、素人でも品種選びに迷うことなく、いろんな種類の桃を食べられちゃいます。
私が注文した7月下旬の場合、ホームページに記載されていた15品種以上の桃の中から、なんと5kg入りで7品種も入っていました。
2kgとか3kgだともう少し品種は少ないのかなと思いますので、買うなら断然5kgをおすすめします!

それでは入っていた桃を少しご紹介しましょう。

この時期の代表品種で知名度も高い桃、あかつき
桃 あかつき
綺麗な桃で、安定感のある美味しい桃でした。

こちらは滝の沢ゴールドという桃。
桃 滝の沢ゴールド
この時期では珍しい黄金桃です。
非常に柔らかく、強い甘みの桃でしたよ。

そしてこちらは清水白桃
清水白桃
大事に袋をかけて栽培された白色の桃です。
口の中で甘さが広がる、柔らかくて美味しい桃でした。
清水白桃の実

そしてなんと、つきあかりと言う珍しい黄肉種も入っていました。
桃 つきあかり
一般スーパーなどでは見かけない高級品種。
高級スーパーでも1個500円以上する品種なので、食べられてラッキーでした!

このように沢山の品種の桃が食べられますし、何より商品が到着してどんな品種が入っているんだろうとワクワクしながら開封して、そしてどんな味がするんだろうと考えながら食べる楽しみもあり、とても満足度の高い商品と言えます!
贈答としても大変喜ばれると思います。
事実、「送って喜ばれた」という評価をつけている方も沢山いらっしゃるようです。

時期で特徴の違う桃の選び方

わたなべ果樹園さんの桃は7月から、なんと10月まで購入することができます。
品種の多さがなせる業ですね。
購入できる期間が長いので、購入する時期によって桃の特徴も変化します。
この変化と特徴を理解しておくと、自分好みの桃を購入することができると思います!

例えば早生(わせ)と呼ばれる品種は7月に収穫される桃ですが、柔らかくて小ぶりなのが特徴となります。
とろけるような柔らかい桃が好きという方は、7月の注文がオススメです。
・早生種 7月上旬~下旬

食感もほどほどにあり、普通くらいの桃が好きな方は8月前後での注文がベスト。
・中性種 7月下旬~8月中旬

そして9月以降に収穫される晩生と呼ばれる桃は、非常に硬くて大きいのが特徴となります。
食感はりんごや柿に似ていますが、味は桃といった感じです。
とにかく硬い桃が好きという方にオススメ!
・極晩生種 9月上旬~下旬

このように硬めの桃と柔らかめの桃、時期によって特徴が違いますから、ご自分の好みによって注文する時期を変えると美味しい桃に巡り合えると思います。

わたなべ果樹園さんの桃の感想

わたなべ果樹園さんの桃を食べてみた感想は「とても美味しかった」の一言。
そして「食べ比べセット」を注文して正解だったなぁと思いました。
すべての桃が美味しかったのですが「こんなにも品種ごとに違う顔があるのか」と、食べる楽しさを感じることができたからです。

「今日食べる桃はどんな味だろう?」とか、「今日のはちょっと硬そうな桃だな」など、食べる前に色々想像できるんですね。
色んな桃を食べれたことによって、自分の好みを再確認することもできました。

ちなみに私が好きなのは、トロピカルな味を楽しめる黄桃です。
つきあかりという桃をカット
特につきあかりはマンゴーのように甘いのですが、マンゴーのクセが無い。
究極の果物のように思えました。

もちろん好きな品種が決まっているのなら、その品種を特定して購入するのも良いと思います。
ただ品種にこだわりが無いのであれば、「桃の食べ比べセット」を注文して、好きな品種を見つけてみるのが良いと思いますよ!

桃の美味しい食べ方と桃の切り方

「桃は直接触ってはいけない」というほど繊細な果物。
到着した桃を力を込めて持ったり、ボールのように手で転がしては絶対に駄目です。

桃が到着したらなるべく触らないようにして、蓋を開け、キャップをしたまま風通しの良いところに移動させておきましょう。

柔らかい桃が好きなら、2~3日程度追熟させると柔らかくなります。
(糖度が上がるということではありません)
ただ、元から硬い品種は軟らかくなりませんので注意してください。
そして食べる1時間前に冷蔵庫へ入れて冷やします。

硬めの桃が好きなら到着後すぐに冷蔵庫の野菜室に入れ、1~2時間冷やして食べましょう。

それでは最後に桃の切り方をご紹介。

桃は真ん中に大きい種があるので、どうやって切っていいのか迷ったことはありませんか?
また桃は力を入れて持つと押された部分から変色してしまいますし、軟らかい桃だと切っているうちに熟れていってしまいます。
なんて繊細な果物なんでしょう。
特に柔らかい桃ほど切るのが難しいです。
下記で紹介する桃の切り方を参考にしてもらって、手早くカットしましょう。

まずは桃の割れ目に沿って包丁をグルっと1周入れます。
桃の割れ目に沿って包丁を入れる

切れ目が入ったら、両手で桃を持ちねじるようにひねって桃を回します。
桃をひねり2つにする
多少弾力のある桃なら、このように半分にすることができます。

しかし硬い桃は力を入れても回らなかったり、柔らかすぎる桃だと潰れてしまいそうになるはずです。
そんな時は、種がついたまま放射状に(8等分するように)切り込みを入れてみましょう。
放射状に切り込みを入れる
このような感じ。
すべての切り込みは下までグルっと1周してます。

そして桃を両手で持ち、全ての切り込みをねじるように動かしていくと、少しずつ実が種から剥がれていきます。
お試しください。

種のついている実を剥がす時は、スプーンなどは使いません。
余計な力が入って、実が潰れてしまいます。

種がついたまま皮側から切り込みを入れることで、
皮のある方から切り込みを入れる
1つずつ切り離していくことができます。
桃を種から剥がす

あとは皮を落としていけば、綺麗に桃を切ることができます。

ポイントとしては、あまり桃を持つ時間が長くならないようにすること。
手の体温が桃に伝わってしまいますので、手早く作業すると冷えた美味しい桃を食べることができます。

また柔らかい桃が好きなのに硬い桃が入っていた時は、アップルパイならぬピーチパイにして食べるのがおすすめ!
ピーチパイ
桃をイチョウ切りにして、水と砂糖で煮詰めるだけ。
パイ生地は冷凍で十分なので、とっても簡単に作れますよ!

いかがでしたでしょうか?
とっても美味しい、わたなべ果樹園さんの桃についてご紹介しました。
桃のお取り寄せを検討中なら、ぜひ一度購入してみてください。
本物の桃に巡り合えますよ!

follow me
他にも様々なお役立ち記事をご紹介します!

関連キーワード:, ,